DIME・5月号のクレカ特集「漢方スタイルクラブカード」と「nanaco」で裏ワザの方法とは!

DIME5月号鈴木ちなみ DIME5月号鈴木ちなみ

 税金のコンビニ支払いでポイント還元!?

引き続き、DIMEの5月号の特集で「1億円得するクレジットカードポイント革命」の特集記事から
裏ワザを紹介!

セブンイレブンで支払う固定資産税などの税金の支払いにnanacoを利用するとnanacoのチャージの
際のポイント還元で間接的にポイントが貯まるという裏ワザ!!

まだまだ、「漢方スタイルクラブカード」を使いこなしてなかったんだと反省…。
税金の支払いでポイント還元なんて今まで考えてもみなかったな~(@_@;)

<30万円未満のコンビニ決済できる税金!>
・自動車税
・固定資産税
・住民税
・個人事業税
・不動産取得税

セブンイレブンで一回の支払で使用できるnanaco(チャージ限度5万円)は、
5枚で最大25万円(5万円×5枚=25万円)までだそう!

10万円の税金の支払いでポイント還元が、1,750円(1.75%)にもなるなんて(@_@;)
ちょうど自動車税の支払いの時期なので試してみよっと!

イトーヨーカドーで8のつく日は、「ハッピーデー」というnanaco発行が無料になるので、
その時に複数枚作っておくといいそうです!

くれぐれもカード限度額ギリギリにならないように、お気を付けください(>_<)

⇒ 漢方スタイルクラブカードの詳細はこちら!

光熱費などの公共料金を「漢方スタイルクラブカード」で支払うワケ!?

 最近は、スマートフォンの普及で通信費が増加してますね(>_<)

ポイント還元率1.75%と高還元の「漢方スタイルクラブカード」で光熱費、通信費などの公共料金をで支払うと知らない間にお得に、効率的にポイントが貯まるのでオススメの使用方法です。

まだ実践していない人はやってみてね。

公共料金でクレジットカード払いが可能なものってたくさんあります。
電気、ガス、水道、電話、携帯電話、インターネット、新聞、セコムなど、どの家庭でも必ずどれかはかかっている支出ですよね。

これをポイント還元率「1.75%」の漢方スタイルクラブカードで支払うとどのくらいポイントが貯まるでしょうか!?

一般的な家庭でも光熱費と通信費を合わせると少なくとも月2万円くらいは払っていると思います。

例えば…

仮に月2万円とした場合

・2万円×12ヶ月=年間24万円 ⇒ ×1.75% ⇒point 4,200円分

最近は、携帯などの通信費が増加しているので、5万円支払っている場合

5万円×12ヶ月=年間60万円 ⇒ ×1.75% ⇒point 10,500円分
 これくらい使用していれば、他にボーナスポイントが、+2,500円分
 合計で13,000円分です!!

公共料金をクレジットカード支払いにするだけで、ちょっとしたへそくりができちゃいますね(^_^)v
もちろんショッピングで使えばさらにポイント貯まりますね!

固定支出は、ポイント還元率の高い「漢方スタイルクラブカード」で支払いするといいですよ!
毎年続けると他のクレジットカードとかなりの差ができますのでお早めに(>_<)

参考になれば幸いですm(__)m

⇒ 漢方スタイルクラブカードの詳細はこちら!